[施設紹介]アドバンスドテクノロジーラボ

リクルートが運営しているクリエイター向けのスペース「アドバンスドテクノロジーラボ」(通称ATL)がインディーゲームでの利用事例を掲載しています。

数十万円かかるモーキャプスタジオ費用がなんと無料に! インディーゲーム『ジラフとアンニカ』に見るATL活用事例(ライティングはPANORAの広田氏)
https://atl-hiroo.recruit-tech.co.jp/2018/10/giraffe-and-annika/

VRゴーグルモーションキャプチャー機器グリーンバックスタジオといった先端の設備をそなえたアドバンスドテクノロジーラボ(ATL)。技術者やクリエイターなら垂涎ものの機材が、ラボの研究員になることでなんと無料で使えるというのがスゴいところです要事前予約

とのことで、使えるシステムの中に「OptiTrack」があります。
キャラクターアニメーションのキャプチャーを考えている方は検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です