プロシージャルオーディオミドルウェア「GameSynth」βプログラム開始

ゲームオーディオ系のツール・ミドルウェアを提供する新潟の会社「Tsugi」は、新たなツール「GameSynth」のβテスターを募集開始しました。

http://www.tsugi-studio.com/web/jp/products-gamesynth.html

GameSynthは、ゲームにおける効果音開発にユニークなアプローチを提供するミドルウェアです。

 

GameSynthは、現在Tsugiが開発中のマルチプラットフォーム・プロシージャルオーディオミドルウェアです。

ハイクオリティのゲーム効果音を素早く手軽に作成し、またランタイム方式で様々な効果音バリエーションを生成します。ゲームシーン内のコンテクストと連動し、表現に沿うように効果音をダイナミックに変えていくことも可能。また、大きなメモリを消費しないというメリットもあります。

これだけ読むと「何言ってだ」という感じですが…

■従来の効果音制作

効果音生成ツールや録音で、元となるwav/aiffを作る→ogg等に圧縮してゲームプロジェクトに登録→ゲーム上で再生、または音程変更しながら再生

■GameSynthが提供するプロシージャルオーディオ制作

ツール上でプリセットから音を選び、パラメーターを調整して必要な音を生成→wav/aiff化せず、かわりにライブラリファイルと設定ファイルをゲームプロジェクトに登録→ゲーム上で再生

というアプローチになります。

通常のアプローチでは効果音の種類を増やすたびにwav/aiffデータが必要になり、容量が増大しますが、GameSynthの仕組みならば数キロバイトのパラメーター情報しか増えません。また、指定できるパラメーターは「ランダム」の要素もあるので、再生されるたびにバリエーションの異なる効果音を作ることができます。(ざっくり説明、詳しくは公式サイトで!)

動画を見ていただくと、そのコンセプトが少し伝わるかなと。

 

開発者のデメリットとしては、専用のライブラリをゲームに組み込む必要が出るぐらいでしょうか。
しかしUnity, Unrealに対応しているので導入は簡単なはずです。(筆者もベータに申し込みました。)
プラットフォームは明記されていませんが、申し込みフォームのアンケート項目を見るにモバイルの他PS4, Xbox One, Switchに対応を検討されている様子です。

インディーゲーム開発において、効果音の悩みはつきものですので、こうしたツールの導入は非常に大きなポイントです。
正式販売時期、価格ともに未定ですが、インディーライセンスがあるといいなぁと思っています。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です