[デジゲー博]タノシマス、Unityによる弾幕シューティング開発の技術同人誌を頒布予定

11/12に開催される「デジゲー博 2017」にて、弾幕シューティング「アカとブルー」を開発した株式会社タノシマスが、出展物としてUnity技術同人誌「Unityマニアックス」を頒布予定とのことです。

タノシマス社がどのようにUnityと向き合ってきたかについては、Made with Unityの「伝統的なゲームデザインをUnityで表現する」に詳しいです。
徹底したメモリ管理のためにuGUIを使用せず、アニメーション、モーション、当たり判定を独自実装するかなりピーキーな使い方になっているようです。

Unityで弾幕シューティングを作り買い方は必携の書であると思います。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です